いつか世界で活躍する「誰か」にSpotlightを。

社会人インタビュー

食の都、大阪で奮闘する味づくりの専門家が目指す、家庭の味の再興とは。

Writer|ビックイヤー編集部 Writer|ビックイヤー編集部
  • 読了目安時間:8分
  • 更新日:2019.2.19

まずは他人軸を排す。

-そろそろお時間になりましたので、最後に1つお伺いしたいのですが、魚森さんは天職と思える程の仕事に20代で就かれましたが、学生を含む若い人に魚森さんのように天職を見つけ、就くためのアドバイスなどありましたら、お答えいただけないでしょうか。

そうですね・・・

まずは他人軸で考えてしまっていないかを確認すると良いかもしれません。特に若いうちは他人軸で考えてしまう傾向が強いように思いますので。

-と言いますと。

例えば親が喜ぶから、友達に自慢できるからなど、他人の評価軸で自身のキャリアを選択してしまっていないかを自問自答してみるとよいかと思います。

-なるほど。

あと、過去を振り返ってみると、そんなに努力していないのに他人から褒められたことって皆さん、何かしらあるかと思います。

その中で長期間、継続して取り組んでも苦にならないと思えることがあれば、それが天職の可能性が高いのではないかと思います。

私はそれが食に関することだったのですが、そういった観点で自己分析してみると何かしら天職を見つけるキッカケを掴めるかもしれません。

別に思い込み、勘違いでもいいと思いますし、要はそう思えたことが重要だと思いますから。

-本日はファーストキャリアから現在のお仕事まで幅広く教えて頂き、誠にありがとうございました。魚森さんのさらなるご活躍を期待しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で[公式] ビックイヤーをフォローしよう!

Writer|ビックイヤー編集部

ビックイヤー編集部です。単なる就活対策などではなく、これから何十年と続くであろう学生皆様のワークライフが、より素敵なものになるよう、記事をお届けいたします。

社会人インタビュー一覧