いつか世界で活躍する「誰か」にSpotlightを。

WORKS with Key Element

Logic and Strategy(L&S)で、就活・インターンで絶対に負けない論理性を手に入れよう。

Writer|ビックイヤー編集部 Writer|ビックイヤー編集部
  • 読了目安時間:7分
  • 更新日:2017.9.13

実際に、L&Sをやってみた!

L&Sは演繹的/帰納的思考方法の違いから始まり、会話における論点の洗い出し、事業の撤退是非や、業務改善などの演習問題を間に挟んだ実践的な構成になっています。

また、各項目において演習のあと、それを実際に発表してもらいます。そしてその発表に対して矛盾点や間違い、または評価出来る点を講評します。

実際に、今回L&Sをやってもらった感想は2つあります。

1つは、しっかりと読み込めば正解に限りなく近づける事ができるということです。網羅的に必要なことを記載し、適宜、図示しているため、このテキストがあれば大抵の同系統の問題に立ち向かう事ができます。

2つは、一度これらをやっただけでは本当の力にはならないということです。実戦から様々なパターンの思考を発見し、多くの課題解決を経験しなければ不十分であると言えます。一人以上の人間が集まるということは、そこに対人関係が発生することになります。いくら正しい主張も、コミュニケーションと相手の感情を無視してしまうと届きませんし、響きません。感情を配慮する、ということも身に着けないといけません。

実は、L&Sには続きがあります。それが、説得という項目です。相手を説得するということは、相手の意見を変えさせるということです。これは、言い換えれば相手を否定したうえで、こちらの意見に賛成してもらうという難易度の高いコミュニケーションです。

ただし、説得と言っても、押さえつけるというものではなく、論理的で、双方が納得し、お互いに利益がある着地点でなければいけません。そのためにはまず、ここまで書き示してきたことを理解する必要があるのです。

インターンで主張が通らず悔しい思いをした、またはそんな思いをしたくないという人。グループディスカッションで全員が不幸になる結果に陥りたくない人。これからの人生で、正しく論理を展開し、するべき反論は必ず通したいという人。

そんな人にはぜひ、L&SやKey Elementの活動を通して高い知性に加えた、負けない力を養ってほしいと思います。京大生でも、いとも簡単に負けてしまう。これは、どこの大学生だって、いとも簡単に京大生に勝つことが出来る可能性がある、とも言えます。

Key Elementは正しく理論を展開する人、諦めず考える人、自分を含めたすべての理論を正しく批評出来る人を応援します。

キーエレメント

https://komiyaamane.wixsite.com/key-element

ここに広告を掲載しませんか?

bicyear.net

無料トライアル!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で[公式] ビックイヤーをフォローしよう!

Writer|ビックイヤー編集部

ビックイヤー編集部です。単なる就活対策などではなく、これから何十年と続くであろう学生皆様のワークライフが、より素敵なものになるよう、記事をお届けいたします。

WORKS一覧