いつか世界で活躍する「誰か」にSpotlightを。

社会人インタビュー

広告から金融へ。高年収・高離職率の世界で感じた広告業との共通点。

Writer|ビックイヤー編集部 Writer|ビックイヤー編集部
  • 読了目安時間:5分
  • 更新日:2016.08.18

様々な取り組みを個人の裁量で行う

–前職は広告代理店にお勤めだったとのことですが、大きなキャリアチェンジをされましたね。

前職では広告のディレクターを務めており、仕事自体は楽しかったのですが、ちょっと忙しすぎました。過労で入院したこともあり、このままじゃまずいなと(笑)

–広告マンは激務だとよく聞きますが、本当だったんですね。

そうですね、何日もまともに寝てませんでしたから。ただ全く寝ないと逆に作業効率が落ちてしまいますので、1、2時間仮眠を取るのですが、その際、部屋の電気やPCのモニターの明りを付けたまま寝るようにしてました。そうしないといくら目覚ましが鳴っても起きれないんです(笑)

–笑いごとじゃないですよ。

当時は20代でまだ若かったのでなんとかなった部分も多々あります。今はもう30代前半ですから、あの生活をもう一度しろと言われても絶対に無理ですね。あとは、このくらいの年齢になるとよくあることのようですが、地方の地元に帰りたいなと。

–分かります。私も同じような年齢ですが、地元いいですよね。それで転職を考えられた、と。でも、なぜ保険会社だったのでしょうか。

扱う商材は広告と保険で全く違うのは確かなのですが、保険会社の総合職というのは、実は前職と似ている部分もあります。

–と、言いますと?

例えば、前職のディレクターという職種は、担当する広告案件に対して、様々な権限を持つことが出来、個人の裁量が大きい立場でした。保険会社の総合職も、先ほどお伝えした通り、様々な権限を持つことが出来ます。そのため、担当する営業部員たちの目標達成に向けて、様々な取り組みを個人の裁量で行うことが出来ます。そういった部分が似ている所だと思います。

–T.K.さんにとって、個人の裁量の大きさというのは仕事をする上で重要なようですね。

そうですね、同じ金融業として、銀行のリテールなども考えましたが、時間的にも業務的にも制限が多そうで、自由度は低そうだと感じ、現在の保険会社に落ち着きました。

–前職と比べ収入面に変化はありましたか。

収入自体は増えそうです。また都会から地方に移り、そもそもの使う額が少なくなりましたので、その分余裕が生まれました。

–具体的な金額とかを教えて頂くことは可能でしょうか。

そうですね、前職のオファーは年収600万円程度でした。現在は想定ですが+200万円いくかいかないくらいだと思います。

–前職のように忙しくなく、やりたい仕事が出来、地元にも帰れて、収入もアップだなんて、最高ですね。

はい、良いご縁がありました(笑)

–最後に、この業界に就職・転職したい人にアドバイスをお願いします。

そうですね、確かに仕事のやりがいもあり、待遇も良いことが多いと思います。しかし、実は離職率が高かったりもしますので、良い面だけでなく、悪い面も事前に確認されることをお勧めします。

–離職率が高いのは、なぜでしょうか。

仕事とプライベートの境目が薄いことが大きな原因の1つではないかと思います。先ほどお伝えした通り、私たちが担当するクライアントの中には中小企業も多く、社長様と直接やり取りさせて頂くことも多い立場です。彼らの多くは仕事とプライベートの境目が薄く、会社員のように“土日祝日=休み”とは捉えていない方も大勢います。そのため私たちも曜日に関係なく、クライアントからの依頼があれば対応することが多いです。結果、私たち自身も仕事とプライベートが曖昧になってきます。それを嫌う方が少なからずいるのは事実です。

–家庭をお持ちの方などは特に気にされる点かもしれませんね。

もちろん、前職と比べれば勤務時間や仕事の絶対量は各段に少ないですし、毎週末、必ず何かがあるというわけでもありませんが

–長時間、インタビューにお付き合い頂き、有難うございました。

ここに広告を掲載しませんか?

bicyear.net

無料トライアル!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で[公式] ビックイヤーをフォローしよう!

Writer|ビックイヤー編集部

ビックイヤー編集部です。単なる就活対策などではなく、これから何十年と続くであろう学生皆様のワークライフが、より素敵なものになるよう、記事をお届けいたします。

社会人インタビュー一覧