「はたらく」のミスマッチをゼロに。

ピックアップ

“してあげる”ではない“やりたいこと”だけやる「国際協力」。Pumpitが考える新しい支援のカタチ。

“してあげる”ではない“やりたいこと”だけやる「国際協力」。Pumpitが考える新しい支援のカタチ。

spot-light

勝谷香子(かつやかおるこ)、京都大学総合人間学部3回生。学生団体Pumpit(ぱんぴっと)4thの代表を務める。カンボジアに小学校を建設するための費用500万を企画・運営したイベントやクラウドファンディングで達成し、今春には校舎が完成予定だという。その経緯や理念、新しい国際協力観に迫る。

Writer|細辻 あおい  2019.2.22

ピックアップ

食の都、大阪で奮闘する味づくりの専門家が目指す、家庭の味の再興とは。

食の都、大阪で奮闘する味づくりの専門家が目指す、家庭の味の再興とは。

社会人インタビュー

UOMORI企画代表、一般社団法人味付けアドバイザー協会理事長、魚森清恵。十余年に及ぶ調味料メーカーでの商品開発経験を活かし、様々な企業の商品開発やメニュー開発の味づくりをサポート。大阪府6次産業化プランナーとしても活躍する味づくりの専門家が目指す、家庭の味の再興とは。

Writer|ビックイヤー編集部  2019.2.19

ピックアップ

目指すは若者への伝統文化の浸透。学生団体「京都着物企画」の熱意の根源を解き明かす。

目指すは若者への伝統文化の浸透。学生団体「京都着物企画」の熱意の根源を解き明かす。

spot-light

伝統文化を若者に伝えることをコンセプトに、着物を用いたファッションショーなどのイベント運営を行う学生団体「京都着物企画」。京都大学教育学部二回生の尾持俊丞さん、工学部一回生・次期副会長の川相帆風さんにお越し頂き、京都着物企画の組織としての強さの本質に迫ります。

Writer|海田 麻友子  2019.2.15

ピックアップ

トップスピードで走り続ける京大生、日野湧也。その思考や信念に迫る。

トップスピードで走り続ける京大生、日野湧也。その思考や信念に迫る。

spot-light

日野湧也、アメリカLA出身。京都大学法学部2回生。前回の取材から1年、今や頻繁にテレビやSNSで話題を呼ぶようになった彼は、現在どのようなことを考えているのか。キャップ投げの普及から自らのグローバル観まで、今を時めく日野さんの考え方に深く迫る。

Writer|細辻 あおい  2019.1.29