いつか世界で活躍する「誰か」にSpotlightを。

社会人インタビュー

焼き芋屋で府庁職員!?地域のハブとして機能し始めた若者の現在地と新たな挑戦と。

Writer|ビックイヤー編集部 Writer|ビックイヤー編集部
  • 読了目安時間:9分
  • 更新日:2019.5.7

移動する竹村商店 竹村 知紘(27)。夏はかき氷、秋冬は焼き芋の移動販売を行う季節労働者。昔ながらの商いで起業した若者に世間の注目が集まり、大手新聞社にも取り上げられる。あれから3年。フリーランスとして順風満帆なスタートを切った彼のその後に迫る。

ここに広告を掲載しませんか?

bicyear.net

無料トライアル!

2度の後継者育成に失敗。

-本日は取材をお受け頂き、ありがとうございます。色々とご質問させて頂ければと思います。

はい、よろしくお願いします。

-竹村さんは既に様々なメディアに取り上げられており、世間の注目もあり、順風満帆なのかなと思うのですが、現在の焼き芋屋さんのご状況自体はいかがでしょうか?

お陰様で常連のお客さんも増え、事業スタートの頃と比べて少しずつ安定してきました。

-何か困られていることなどはありますか?

後継者と言うか、一緒に焼き芋屋さんをしてくれる(業界を盛り上げてくれる)仲間探しには凄く難航しています。焼き芋屋さんって昔からある業態ですが、まだまだ可能性のある商いだと思っていて、多くの若者が参入することでイノベーションを起こしたいなと。

なので、ぜひ若い人にやって欲しいのですが・・・。

-新規参入は少ない?

流し売りをする焼き芋屋さんは減ってきていますが、最近は観光地でスタートされる方もいるようです。自分のお店にも過去に2度、焼き芋屋さんをやりたいという若者が来まして、後継者として育てようとしたことがあったのですが、2度とも上手くいきませんでした。

私の準備が甘かったかとは思うのですが、挑戦する前に抜けてしまうのはやっぱり悲しかったです。

-お2人が長続きしなかった理由は何だったのでしょうか?

辞めたいと言われた際に色々とお話しを聞いたのですが、正直よく分かりませんでした。特に2人目は辞める理由を聞きたかったのですが、そのままフェードアウトされていったというか・・・。

個人事業でやっていると、こういったイレギュラーも致命的な損失になるので、改めて人を育てる難しさを痛感しました。

-2度の失敗を経て、それでも後継者の育成にはチャレンジされたいと。

来シーズンは小規模ながら店舗化にも挑戦したい気持ちがあるので、できれば流し売りと小店舗を平行したいと考えています。

小店舗の方も可能なら1人ではなく様々な人たちとつくりあげたいと考えていますので、地域の人たちとゆっくり話したい人、交流したい人とやっていければいいなと思っています。


>> 次頁「素材8割、焼き方2割。」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で[公式] ビックイヤーをフォローしよう!