「はたらく」のミスマッチをゼロに。

社会人インタビュー

Over 40の現役ドリーマーが体現する、共感を呼ぶ夢の追いかけ方。

Writer|ビックイヤー編集部 Writer|ビックイヤー編集部
  • 読了目安時間:11分
  • 更新日:2019.3.8

ユニクロのCMに出たい!

(池西さんの本職は整体師。)

-他にも叶えたい夢が?

はい、ユニクロのCMにも出たいんです。

-それはまたなぜ?

ユニクロのCMって単純に凄いなと思っていて。

最後に『UNIQLO』のクレジットが出ますが、あれが無くても映像を見るだけで、これはユニクロのCMだなって分かるじゃないですか。

それって本当に凄いことで、そんな凄い映像作品に私も出たいと思って。

実際にユニクロのHPとか見て情報収集したのですが、CMに出る方法は分からなくて・・・

で、分からないことは当のユニクロ関係者に聞けばえぇんや(笑)と思って。近くにあるユニクロの店舗に行って、レジにいる店員さんに「私はこういう活動をしている者で、ここで聞くことではないのは重々承知しているのですが、ユニクロのCMに出たいんです。どうすればCMに出られますか?」と尋ねたんです。

-レジで?

はい。

-店員さん、困られてなかったですか?

最初「え?」って顔をされました。

なので「分からないですよね。お仕事中に突然こんなことを聞いて、すいませんでした。」と言って帰ろうとしたら、「少々お待ちください。」と言われたんですね。

しばらくすると店長さんらしき人が奥から出てきて、タブレットを携帯されていたんですが、そのタブレットでユニクロのHPの中で新規事業に関するページを見せて頂き、「ここに問合せしてみてください。何かしらお答えさせて頂けるかと思います。頑張ってください!」と案内されたんです。

事前にHPは確認していたのですが、そのページはどうやら見落としていたみたいで、帰宅後すぐにそのページから問合せました。

-結果はどうでしたか。

問合せ方法がチャット方式だったのですが、「私はこういう活動をしていて、ユニクロのCMに出たいのですが、どうしたらよいでしょうか?」という内容のメッセージを送ったら、チャットなのにしばらく返答がなかったんです。

たぶん、このような問合せ自体が珍しく、どう対応したらよいか内部で相談されていたのではないかと思います。

で、しばらくすると「弊社はモデル事務所を通して出演者を選んでいるので、一般公募はしておりません。ご希望に添えず、誠に申し訳ございません。」と返ってきました。

-それは残念でしたね。

いえ、私がそこで思ったのは、「じゃぁ、私が一般人としてユニクロのCMに出る最初の人になれる可能性がある!」でした。

-もの凄くポジティブですね。

既にCMの構成もイメージ出来ていますから(笑)

-どのような構成でしょうか。

私はロックバランシングの創作活動を季節関係なく実施しているので、例えば寒い冬の時期だとヒートテックを着て、私が河原で石を積んでいる映像に「寒さを気にせず、石を積むことができる。ユニクロのヒートテック。」みたいなナレーションを入れたCMが出来ると思っています。

-探偵ナイトスクープの件でも思いましたが、池西さんの頭の中で全てイメージが出来上がっているんですね(笑)

ホントですね(笑)


>> 次頁「作品集を出版したい!」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で[公式] ビックイヤーをフォローしよう!