「はたらく」のミスマッチをゼロに。

社会人インタビュー

Over 40の現役ドリーマーが体現する、共感を呼ぶ夢の追いかけ方。

Writer|ビックイヤー編集部 Writer|ビックイヤー編集部
  • 読了目安時間:11分
  • 更新日:2019.3.8

思いもよらない処から援護射撃が。

-探偵ナイトスクープにユニクロのCM、書籍出版とお伺いしてきましたが、他にも考えられていることはあるのでしょうか。

あります、あります。

ロックバランシングをライブパフォーマンスとしてもやってみたいですし、お寺やカフェなどで個展も開催してみたいです。

あと、ロックバランシングを通じて、子供たちに外で遊ぶことの楽しさを伝えられないかなと考えていて、ワークショップのような活動も出来ればと。

-本当にたくさんの構想をお持ちですね。

ロックバランシングは私にとって便利なツールですので、それを使い倒して色々な人に喜んでもらえたらと思っています。

それが私自身の幸せにも繋がるのでWin-Winと言いますか、そういった活動は積極的に取り組んでいきたいと考えています。

また、そうやって積極的に活動していると、思いもよらない処から手を差し伸べて頂けることもあって・・・。

この間もユニクロのCMに出たい旨をTweetしたら、全く面識のない方がユニクロのアカウントに「今Twitter上で、こういう人が注目を集めているんですが、私も彼のCMを見てみたいので起用を考えてください」という趣旨の援護射撃を送ってくださったんですね。

これは本当に凄いことだなと、当事者ながら思いました。

-池西さんの活動が共感を呼び始めているんでしょうね。

Twitterがあって、本当に良かったなと思います。

-確かにSNSがないと、ここまでの速度感では広がらなかったかもしれませんね。そろそろお時間になってしまいましたが、最後に1つお聞きしたいことがあります。池西さんはやりたいことをたくさんお持ちですが、近年、やりたいことが見つからない若い人が増えていると言われています。このような若い人に池西さんなら、どのようなアドバイスをされますか。

う~ん、どうでしょう?

アドバイスと言える程のことではありませんが、あまり頭でっかちにならず、兎に角、手や足を動かす、行動することですかね・・・。

それによって、当初想定していたモノとは違うかもしれませんが、何かしら得られるモノがあると思いますし、それが次の行動に繋がっていき、最終的にやりたいことが見つかっていくのではないかなと思います。

なんか当たり前のことしか言えず、すいません(汗)

-いえいえ、大切なことだと思います。本日はたくさんの面白いお話をありがとうございました。池西さんの夢が1つでも多く叶うように影ながら応援しています!

編集後記

「ロックバランシングは誰でもできます。」

どんなに難しそうに思える配置でもバランスの取れるポイントは必ず存在するので、諦めずにそれを探し続けられるかどうか、そう断言する池西さん。

ロックバランシングを始めてからの2年間、誰からも見向きもされない日々が続く中、人々の心に響くポイントを、創作活動を通して探し続けた池西さんの姿と重なる。

一見すると冗談に思えるような夢の数々も、そう遠くない未来に本当に叶えていそうに思えるのは、池西さんに夢路を心から楽しめる力強いメンタリティーが備わっているからかもしれない。

「作品が完成したら嬉しいですが、完成するのは私にとってはオマケです。作品を作るのも夢を叶えるのも、その『過程』を楽しんでいます。」

編集部は今後も池西さんの活動に注視していきたい。

Twitter:池西大輔@IsmDaisuke
Instagram:daisuke__ism

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で[公式] ビックイヤーをフォローしよう!

Writer|ビックイヤー編集部

ビックイヤー編集部です。単なる就活対策などではなく、これから何十年と続くであろう学生皆様のワークライフが、より素敵なものになるよう、記事をお届けいたします。

社会人インタビュー一覧