「はたらく」のミスマッチをゼロに。

WORKS with Key Element

〈ライター募集〉徹底的に取材し、書いて伝えることで「誰かの価値観を広げる」。

Writer|瀬戸 花音
  • 読了目安時間:7分
  • 更新日:2018.11.28

知らない生き方を提案できる記事を。

-ここからは、活動を通して感じたことをあまり真面目じゃなくてもいいので、素直に話していただきたいんですけど、ライターをやっていて良かったこととか楽しかったことってなんですか?

妹尾 僕は文章を書くのが好きなので、推敲してるときが楽しいですね。例えば、「私は」を「私が」に変えるだけで文章の印象って結構違うじゃないですか。ひらがなで書くか漢字で書くかとか。どっちが読みやすいんだろう、伝えたいことが伝わりやすいだろうって考えて書くのは楽しいです。

もうひとつは、僕はアカデミックな記事を書くことが結構多いんですけど、理系の聞いたこともないような研究をしてる教授とか有名な人とかに、メディアとして取材に行かせてもらえて話を聞くことができるのは、ライターやっててよかったと思いますね。やっぱりそういう人の話って知らないことが多くて面白いので。

糸田川 僕はそんなに真面目なことは言えないんですけど、単純にいろんな人と話せることと新しいコミュニティーが一個増えたことですね。基本サークル内でしか繋がりがなくて、学部にもそんなに友達がいなかったので、ここで新しく知り合う人がいるっていうのはそれだけでよかったかなと思います。

-逆に難しかったことってありますか?

妹尾 そんなにないですね。強いて言うなら取材当日にすごく緊張することですね。

美馬 僕は、自分が書いた記事にどこまで主観を入れるかというところですね。取材相手の話と自分が読者に伝えたいことの兼ね合いや調整は難しい部分です。もちろんそれが楽しくもあるんですけど。

-では最後に、ライターを通してやりたいことや伝えたいことを教えてください。

糸田川 単純にまだまだいろんな人に取材に行ってたくさん記事を書きたいですね。

どういう人に取材に行くか探すのがちょっと難しいところではあるんですけど、意外とどんな人についてでも記事はかけるというか。

そうじゃないと価値観を広げることってできないじゃないですか。もちろんメディアのPVとか読者層とか気にしないといけないんですけど、そこを気にしすぎてライター側の視野が狭くなってしまったら、読者の価値観を広げることなんてできないと思うので。

妹尾 僕はもう卒業してしまうので、これからやりたいこととはちょっと違うんですけど、「あまり固く考えずに、自分が今楽しいと思うことに打ち込んでみたらいい」ということがライターとして伝えたかったことです。

成功してる人が全員昔からやりたいことが決まっていたわけでもないし、いろんな考え方でいろんな生き方の人がいるってことが取材してきてわかったので。学生の皆さんが焦ってやりたいことを探さなくてもいいんですよね。

美馬 僕がライターとして伝えたいことは、「今までどんなことをしてきたかは、今から何をしたいかに一切関係がない」ということですね。

今、自分が何をしたいか、どんな風に生きたいか、そのために何をすべきなのかを考えて欲しいんです。それの手助けとして、こんな生き方もある、こういう考え方もあるということを提案できるような記事を書いていきたいです。

▼ライター採用申し込みはこちら
(Key Elementの公式twitterアカウントはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で[公式] ビックイヤーをフォローしよう!

ノートルダム女子大学心理学部4年生。様々な分野の取材に挑戦したいと思っています。宜しくお願いします。

WORKS一覧